もち苺枕草子





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

ぬあああああ :: 2013/07/11(Thu)

うあああああ、折角出た良い金額のチョコボ、間違ってセーブしないで終了しちゃったぁぁぁああ
あまりにもダメチョコボが続いてセーブしないで終了の手の動きを覚えすぎてやっちゃったよおおおお

もうあの金額は出せる気がしない…うぅ……。
泣きたい。

  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

PS Vita :: 2013/07/08(Mon)

4,5日前ぐらいにPSvitaを買いました!
それでチョコボスタリオンていうチョコボを育ててレースをするダビスタみたいなゲームがあるんですが、それで対戦する事になって暇があればちまちまとやっていますヽ(*`Д´)ノ

で、子チョコボが生まれるとそれに名前をつけてあげるんですが、産まれる数が多いのと何度もそれを繰り返すために名づけが兎に角面倒なんです。便宜上「ああ」とか「あい」とかの名前でも問題ないんですが個人的になんとなく嫌でいつも一々考えてつけてたんですが、やっぱりといいますか当然ながら考えるのも面倒になってきて、



そうだ、総理大臣の名前にしていこう



と思い立ったわけです。
オスチョコボは歴代総理大臣、メスチョコボはハナの名前でやっていったところ良い感じに渋い渋い牧場になってきました。

ヒロブミ、キヨタカ、サネトミ、アリトモ、マサヨシ、シゲノブ、キンモチ、タロウ、ゴンベイ、コレキヨ、トモサブロウ

名前だけなら勝てる気がする!!
がんばるぞーw





  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:3

ハイチュウmini :: 2013/06/27(Thu)

これ、良い(*´U`*)!

130627.jpg

味が4種類あるのもいいし、粒が小さいからちょっとした時にも最高!
普通のハイチュウより食べやすくてこっちの方が好きかも…。
苺と青りんごがすっごい美味しい!

それから人狼にハマってます!
あまりにやろうやろう!と言ってた所為で、ゲームの発売日が待ちきれない子供といわれました。反省してます。

私は結構なんでもゲームはガチでやってしまう派なんですが、こればっかりはなんか仲間内で適当にやってるのが面白いような気がする…。ガチもガチで多分やりたくなるんだろうけど、随分険悪になってる所が多いし私怨とか暴言とか、そういうのに関わってまでゲームしたくないので、仲の良いメンツ同士でゲームと割り切って笑いながらやるのが楽しかった。それが一番楽しかった!そもそも村が勝てばいいっていうルールが結構エグイと思うんだ。
推理が外れてたり、ボロだしちゃったりしたとしても、笑って許せるような環境がいいなぁ

メタ推理っていうその人のは確かに理論的ではないけど、仲間内だと面白いと思うんだけどもw
私も「狼の時テンションが超上がる」とか「テンションが違いすぎて、いきなり怪しい」とか言われて図星さされた時もどう切り替えしたもんかとめっちゃ楽しかったし。

まあ色々あるだろうから、自分にあった環境のところを探すしかないのかも。


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

ハーブティー専用計量スプーン! :: 2013/06/13(Thu)



完全に贅沢品です(*´艸`*)
スプーンなので光の反射が入ってしまって上手く柄が取れませんが…ハーブ一杯分を計量できる代物!模様も結構丁寧に作ってあってめっちゃ気に入りました。葉の形で計量できるのもありましたが、こっちにしてよかったー!

大切にしよう(*´U`*)



  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

でも楽しい :: 2013/06/12(Wed)

文字色算数に自信が無いため、少し前からこんなのを始めました。



小学6年分の算数が面白いほどに解ける65のルール

実はこれ、買った直後は失敗したと後悔していました。
同時期に原理を少しでも分かりやすく教えてくれている本と、兎に角解く為の公式を叩き込ませる本と両方購入していたんですが、この本は完全に後者で兎に角覚えろっていう本でした。
唯でさえ意味不明なの算数、数学を暗記しまくってもどうせまた混乱して、応用問題で躓くだろう事を確信しはじめていたので、65つもの解くための公式を覚えろっていうこの本のスタンスは完全にアウトだろうと思っていました。

ですが、何があったのか突然閃いて、この本に出てくる公式を自分で証明(とまではいかなくても納得)できるようになればいいのかも?と思ってかなりの亀ペースですが本で公式確認→自分で証明(ここが長いわけですがw)を繰り返しています。

この本は本当に完全なまでの暗記本で、例えば速さの問題に入るときも開口一番

速さや距離、時間を求めるときはこの公式を使うと早く解けます

と切り出して、例のおはじきの公式を並べ、じゃぁ問題を解きましょうといって問題が提示される感じです。何故?とか考えさせる間もなく練習問題ww 
これはこういう本なので勿論それはいいんですが、このままだとゴミ箱行きになりかねなかったので方法を変えてやり始めたワケです。

が、まだまだ簡単だからかもしれませんが楽しい(*´艸`*)
やっぱり何でその公式で解けるのかっていうのが分かると忘れないものですね。
以前三平方の定理に躓いたときも、何でそうなるのっていうのが分かったので少しだけ自信がついたような気の所為のような。兎に角少し楽しかったのです。
今更やったところで何の役に立つわけでもないんですが、死ぬまで勉強(死ぬまで仕事はご免被りますがw)は大切な事だと思うのでこの本1冊が終わったらいいなぁと思います…。


Learn as if you will Live Forever,
Live as if you will Die Tomorrow.



  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。