もち苺枕草子





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

でも楽しい :: 2013/06/12(Wed)

文字色算数に自信が無いため、少し前からこんなのを始めました。



小学6年分の算数が面白いほどに解ける65のルール

実はこれ、買った直後は失敗したと後悔していました。
同時期に原理を少しでも分かりやすく教えてくれている本と、兎に角解く為の公式を叩き込ませる本と両方購入していたんですが、この本は完全に後者で兎に角覚えろっていう本でした。
唯でさえ意味不明なの算数、数学を暗記しまくってもどうせまた混乱して、応用問題で躓くだろう事を確信しはじめていたので、65つもの解くための公式を覚えろっていうこの本のスタンスは完全にアウトだろうと思っていました。

ですが、何があったのか突然閃いて、この本に出てくる公式を自分で証明(とまではいかなくても納得)できるようになればいいのかも?と思ってかなりの亀ペースですが本で公式確認→自分で証明(ここが長いわけですがw)を繰り返しています。

この本は本当に完全なまでの暗記本で、例えば速さの問題に入るときも開口一番

速さや距離、時間を求めるときはこの公式を使うと早く解けます

と切り出して、例のおはじきの公式を並べ、じゃぁ問題を解きましょうといって問題が提示される感じです。何故?とか考えさせる間もなく練習問題ww 
これはこういう本なので勿論それはいいんですが、このままだとゴミ箱行きになりかねなかったので方法を変えてやり始めたワケです。

が、まだまだ簡単だからかもしれませんが楽しい(*´艸`*)
やっぱり何でその公式で解けるのかっていうのが分かると忘れないものですね。
以前三平方の定理に躓いたときも、何でそうなるのっていうのが分かったので少しだけ自信がついたような気の所為のような。兎に角少し楽しかったのです。
今更やったところで何の役に立つわけでもないんですが、死ぬまで勉強(死ぬまで仕事はご免被りますがw)は大切な事だと思うのでこの本1冊が終わったらいいなぁと思います…。


Learn as if you will Live Forever,
Live as if you will Die Tomorrow.

スポンサーサイト


  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<ハーブティー専用計量スプーン! | top | 大塚国際美術館>>


comment

楽しいのが長続きの秘訣よねー。当たり前だけど。
受験とか損得関係ないときにやるのって算数に限らず楽しい不思議。

  1. 2013/06/13(Thu) 01:59:19 |
  2. URL |
  3. しすれ #-
  4. [ 編集 ]

そうなんだよね、自発的になら結構できるのに義務なると出来なくなる…。それが出来てればもっと頭もよかったんだろうけど、まぁ、今は今で楽しいからいいかな!w
  1. 2013/06/25(Tue) 23:31:36 |
  2. URL |
  3. もち苺 #CBGiEf.2
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mochichigo006.blog.fc2.com/tb.php/366-d71380ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。