もち苺枕草子





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

悪魔が喰らうということは美しいということ :: 2012/11/21(Wed)

TSUTAYAはほとんど使ったことがなかったんですが、
久しぶりに家の近くのTSUTAYAによりました。

職場の近くのTSUTAYAからはクラシック音楽がハブられてていて、
クラスになじめなくて一人でお弁当を広げてる子みたいになっていたので、また同じようなことになってるんじゃないかと覗いてみると、ムードーメーカではないにしろ、まあまあ近からず遠からずという微妙な距離をとりつつ
自分のパーソナルスペースはちゃんと確立させるているといった具合でした。

というgdgdはさておき。

フジ子へミングのCDとスーザンボイル(実はちゃんと聞いたことがなかったので)を借りてきました。

フジ子ヘミングといえば、ラ・カンパネラ。
あれ、こんなこともう何度か書いてるような…w
カンパネラを聞いていて気分がいいので、一人でつらつらと書いてみます。


ラ・カンパネラというとどうしてもリストのラ・カンパネラが有名で、作曲のパガニーニのカンパネラはリストに比べて日が当たりにくいように感じます。
TSUTAYAでも、リストのカンパネラは結構あるのに、パガニーニのは一枚もありませんでした…。

そもそも、ラ・カンパネラを作ったのはパガニーニというヴァイオリン奏者、兼作曲家兼悪魔といわれる人で、リストはパガニーニのカンパネラを編曲した形なので、作品の意図とか探ろうとしたときはリストだけでなくてパガニーニも見ていかないといけないワケです。

ピアノとか音楽を全然知ってる人でも知らない人でも、「これどうやって弾いてるんだ」と突っ込みたくなるような難曲を編曲作曲した人は数少ないながらも存在しますが、パガニーニは「弾けないでしょ、やめやめ」といわれるような曲を実際に弾いた数少ない人という見解が強いみたいです。

一般的に考えて指が届かないコードを抑えたり、鍵盤を弾くのは無理です。
そりゃ、指が開いて22センチだとしたら26センチ離れてる鍵盤を片手で同時に音を鳴らすのは不可能ですよね。
それが出来るのは指がハンパなく長いとか、やはり人並でないのを持ち合わせてないと、ということでどうやらパガニーニはなんとか症候群という遺伝的な病気の持ち主だったなんていわれてるんですね。
身体異様に大きくなり、筋肉がつきにくく、細くてひょろくなる症候群で、だからこそ人には出来ないことが出来たとか。
そんな背格好+人が出来ないことをしてしまう+髪髭ぼーぼーで、人からはその演奏に拍手喝采浴びると同時に気味悪がられ、悪魔に魂を売って得た演奏技術だなんていわれるようになってしまうんですね。

といっても、パガニーニには弦が切れても演奏する、足に釘を縫い付けて演奏するなんていう、症候群の所為ばかりには出来ない、変人だったと私は思います。

個人的にですが、パガニーニは悪魔と契約したなんて言われてしまうくらいの演奏者でしたが、パガニーニが生まれる前にジュゼッペ・タルティーニというこれまたヴァイオリンの作曲家がいます。
タルティーニの曲に悪魔のトリルというのがあります。
第一楽章、とても綺麗です。悪魔って多分誰もが想像するような暴力的で残虐で、黒いイメージでなくて、ファウストのメフィストフェレス(間違ってるかもw)に近い…うーん、あれよりはもう少し遠い存在なイメージですが、とにかくそんな感じです、私は。
だからこのタルティーニの悪魔のトリルは、妙に納得してしまいます。

で。

タルティーニがその悪魔のトリルを作曲したのは、夢で悪魔と出会って魂を売りそして授かった曲なんて言われてます。
そしてそのタルティーニが亡くなって十年後?数年後?(忘れましたが!)にパガニーニ誕生。
悪魔と契約して産まれて来たヴァイオリニストです。
パガニーニが悪魔のトリルを弾いたかどうかは分かりません、、、パガニーニは他人の曲を弾くことをかなり幼い段階でやめてしまい、その後は作曲三昧だったので知っていても弾かなかったかもしれません。

でも、もしタルティーニが魂と引き換えに悪魔から授かった曲を、悪魔と魂の契約を結んだパガニーニが弾きこなしていたら、そしてそれが聴衆を圧倒する演奏で、次々と失神(実際にパガニーニの演奏は失神する人も多く、魂を抜かれてるなんてこれまた騒がれて!)して魂を抜かれていく…。
私がそんな場所に居合わせたら、下手な天国地獄の宗教本より悪魔の存在を信じてしまいそう。

悪魔は綺麗なものを好み、天使は汚いものでも受け入れます。
綺麗は汚い、汚いは綺麗。



なんとなくだけど、アニメとかマンガとかの世界にどっぷり浸かるよりも、文学にどっぷり浸かるほうがやばい気がする。
気持ち悪いのは前者かもしれないけど、後者は物静かな麻薬常習犯的なやばさがあると思う。

スポンサーサイト


  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<選挙 | top | 資格試験>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/11/22(Thu) 12:46:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>M氏

ひさしぶり!また飲みましょう!ぜひ!!

試験は多分落ちました。多分というか8割くらい落ちたはず。
っていうか、こうなると落ちて2次試験なんて受けないで済ませてしまいたい…。

そうそう。悪魔っていうのはやっぱり悪だから甘い汁がないといけないのよね。
それで何かをだましたり釣ったりするんだから、美しいことに一番命をかけてるのは悪魔なのかも。

私はM氏もブログとかやったらいいのになーと常々思ってます。
思ったこと吐き出す場所があるのはなかなかどうして、いいものですw


  1. 2012/11/28(Wed) 22:07:06 |
  2. URL |
  3. もち苺 #CBGiEf.2
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mochichigo006.blog.fc2.com/tb.php/353-885c3bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。