もち苺枕草子





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

:: 2012/10/20(Sat)

毎晩泣き続ける母をどうすればいいのか未だにわかりません。
何も出来ないし、どんな言葉も今の母の前には煩わしくて無意味に違いないから。

私はまだ一度も声をあげて泣いてない。
私が泣けるのは母が落ち着いて誰を支えられる力が戻った時。
母の悲しみを理解できるひとはいない。

父の優しさや暖かさ、それを私は名一杯受けたのだから言葉で表現できない感情でごった返すのも自分で理解できる。いい加減で最低な父親なんかではなかったから、世界に誇れる位優しい父であったから、だからこそ未だによくわからない。

大声をあげて泣くと何が起きそうで怖い。


やっぱり声をあげてなくことができるのは勇気のある証拠なのかも


それでも私はこうして息をしてのほほんと生きてるんだよね。
父とまた一秒また一秒離れながら

スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<モンサンミシェル | top | だから書くこと、記すこと>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mochichigo006.blog.fc2.com/tb.php/344-74dd1c60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。