もち苺枕草子





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

□朝は小鳥が運んでくる :: 2012/04/29(Sun)



とても良い天気でした
風もさわやかで、快晴に近いくらい雲がなくて、
斎場の木漏れ日もドラマの1シーンに出てきそうなくらいキラキラしてました。

でも棺にはいった父が焼かれてしまうのは、耐え難かった。
仕方がないけど、斎場の人の手馴れた手つきとか、
ああ、この人たちにとっては仕事なんだなというのがヒシヒシ伝わってきて、
悲しい役だけど、こういう人たちにやらせるなら1~10まで全部私たちでやりたかった。
火をつけるその役も、なんの躊躇いもないひとにやられるくらいならって思ってしまった。

お父さんの骨は多かった。
沢山残ってたから普通にいれたんじゃ到底骨壷に収まりきらなくて、
何度も何度も押し込まれた。
パキパキっていう骨の砕ける音にしては乾いた音が何度も何度も。

綺麗な花束を沢山もらった
お父さんひとつの命の弔いに、その百倍近い花の命が捧げられた。
とても綺麗な花だったし、花の存在に救われた。
それでもあの花も結局人間のエゴで、生きている人間を慰めるために捧げられたもの。

生物の中で最強の人間の都合の良いように回る。回る。




冷たい父の頬 温かかった頃の手
硬直した唇 最後まで温かみのあった足の裏

こうして大好きだと、有難うと心から思って泣けることが幸せ
自慢の父です

お父さんが亡くなる少し前に、思い切って一番伝えたかったことをメールしました。
お父さんには大げさだとか、軽く流されるかなって思ったんだけど、
そんなことなかった。
私の真剣をちゃんと受け止めてくれた。



4/24の午前0時ちょっとすぎに病院から電話があって、
それからしばらくのことはまだ文章にできない。
でもいつかかける時がきたら書きたい
スポンサーサイト
  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<□理屈じゃなくて | top | 火葬>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/04/29(Sun) 11:18:21 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>Mから始まる匿名さん

ねー
んなこたぁ言われなくても。

やっぱり伝えてなかったら後悔してたと思うから、
背中押してもらって感謝感謝です
もっともっと甘えればよかったなーっていうのはあるけどねw

今は仕事に行けたり、ご飯食べたり、遊んだりしてるのが、
そのときは良くても後から凄く気持ち悪くなってそっちとも葛藤中です。

縁起でもないけどMさんも絶対に死んだらだめだよ。
お父さん、お母さんは死んだらだめ。勝手だけどね。
今回は大目に見てもらえるとw
  1. 2012/05/03(Thu) 00:10:26 |
  2. URL |
  3. もち苺 #CBGiEf.2
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mochichigo006.blog.fc2.com/tb.php/326-4fdebe73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。