もち苺枕草子





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

本とはなんぞや :: 2012/03/06(Tue)

先日お客さんと雑談していたら、
「うちの子全然本を読まないのよーテレビでアニメ見るかゲームするか、
マンガ読むか、ケータイ弄るかばっかりでね〜」
なんて話になりました。

テレビもマンガもゲームもケータイも面白いでしょうが、
私は小学校中学校高校くらいのうちは外でいっぱい遊ぶの推奨派なので
それ以外のことして遊ぶのも結構楽しいと思いますけどね〜なんて話をしました。

でもそもそ「本を読む」って何を指してるんでしょうか

あくまで個人的な考えですが、私の中では「本」に小説は入りません。
勿論便宜上今なんの本読んでんのー?って言われたら
小説の○○みたいに答えたりとかはありますけど、
小説は本ではないという感覚です。

本ていうのは出典が明らかで、「知識」として成り立つものだと思うんです。
例えば小説のシーンでフランスのモンサンミシェルが出てきて、
その景観やつくりや歴史が出てきたとします。
大方の場合それは正しい情報でしょうが、無論全部が全部そうなワケではなく、
小説は娯楽であり芸術のひとつだと思うので、
色気みたいなものがないといけない気がするんです。
だから「この物語はフィクションです」なんて書かれたりするんですもん。

一番ダメは本を読まないことよりも、
事実か虚構か分からない知識をそれと思い込んで知識披露しちゃうこと。
無実無根の情報をこれぞとばかりに言っちゃうこと。
私もついつい「○○ってこうなんだってー!」なんていっちゃいますが、
これもホントはよくない。

本当の教養というのはその事実の真偽を確かめるべく
出典元をたどり、時代背景やかれこれの知識を統括して
最終的な答えを自分で出すことではないでしょうか
といっても、そんな面倒なことをいちいちするわけもないので、
そこで役に立つのが本なワケです。これがホントの本じゃないでしょうか。

小説は作り物の世界で、資料は作り物ではありません
(勿論、資料でさえ誰かの手が入り捻じ曲げられてるものは存在しますが)

本を読め、という人は何を指しているのが大抵が具体的でない気がします。
本を読めといったわが子が、東野圭吾や村上春樹の小説を手にとったら満足なのでしょうか。

私はそこから真の教養は生まれないと思います。
小説を否定しているわけでも、マンガを否定しているわけでもありません。
ただ本は心の栄養とかおっしゃる人は完全に本=小説ですよね。
小説から人のあたたかみや、優しさ、時には厳しさなんかを勉強してくださいねっていう。

知識だけが並べられた本から
人の感情を読み取っていくのは一朝一夕のことではないと思います。
それが少しでも分かったときは最高に嬉しかったりロマンを感じたりしますけどw


小説は小説、マンガはマンガ、本は本。
どれがなくなっても困るし、全部あれば最高じゃないですか。
スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<♀oogle | top | 一時帰宅>>


comment

なるほど
小説はやっぱりエンターテイメントだよね、面白くないと読まないもんなー
マンガも漫画も然り
最近本なんか全然読んでないや
知識だけが並べられた本から
人の感情を読み取っていくのは一朝一夕のことではないと思います。
それが少しでも分かったときは最高に嬉しかったりロマンを感じたりしますけどw
↑これに尽きますな
時間に優先順位を割り振れるのは才能で、それが無いのはまことに不幸なことだなとか唐突に
思い浮かんだ、そんなあてくしはやっぱり時間の使い方が下手でありますw
  1. 2012/03/06(Tue) 13:43:38 |
  2. URL |
  3. 真壁 #-
  4. [ 編集 ]

>真壁氏
私もそう思う反面、でも芸術にもなりえる小説もあると思うんだよね。
私は三島由紀夫の金閣寺が本当に大好きで、あれはエンターテイメントとはどうしても思えないし、認めたくないww
特に舞台になるようなものも、エンターテイメントの域を逸したものがある気もする。。
時間に優先順位をつけるのは言うは易しって感じかもしれないねw
時間も物も人も、使い方がうまいかどうかって後になって自分が後悔しないことと効率がある程度いいことを足して2で割ったような感覚だな、私は。
真壁氏とはいつかゆっくり飲みながら人生観について話をしたい!!
またでびる飲み会しよーね!!
  1. 2012/03/11(Sun) 01:03:42 |
  2. URL |
  3. もち苺 #CBGiEf.2
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mochichigo006.blog.fc2.com/tb.php/309-5e79aba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。