もち苺枕草子





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

たまには真面目に :: 2011/08/10(Wed)

0810.jpg


毎晩マキアヴェッリを読んでます(*´艸`*)えぇ、完全にハマりました。
といっても以前紹介した語録なんですけどねw

21世紀の今であっても、アキアヴェッリの語録を読んでいて
「あるある!」って思う部分がほんとに沢山あります。
例えば…

弱体な国家とは常に優柔不断である。
そして決断に手間取ることはこれまた、常に有害である。
(中略)
決断力にかける人々がいかに真面目に協議しようとも、
そこから出てくる結論は常に曖昧で、
それゆえ常に役立たないのである。
また長時間の討議の末の遅すぎる結論も同じく有害に変わりない。
誰かを援助しようというものでも、相手を助けられないばかりか、
こちらの害になって返って来るものだからだ
(政略論)


とか

弱体な国家に現れるもっとも悪い傾向は、
何事につけても優柔不断であるということである。
ゆえにこの種の国家の打ち出す政策は、
何かの圧力に屈した挙句、やむを得ず為されたものになる
(政略論)


耳が痛いですよねww
まさに何処かの国ですね。


執筆されてから5世紀近く経ってるというのに、
全く古臭いところがないのは、
不動の価値観の中にあるものへの指摘だった証拠だと感じます。

そして現実を注視して書き上げた著書は
人間は今も昔も変わらないということを教えてくれている気がしました。

マキアヴェッリかっこいいなー
こういうとこまでいくとヒトというより人間って感じがします
スポンサーサイト


  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<(*´艸`*) | top | HERMITAGE>>


comment

マキアヴェッリが何年経っても読まれるのは、時代には左右されないであろう人間の本質について語ってるからなのかなw
文章が明快だったり例示が多かったりみたいな、本として読みやすい造りだからってのもあるでしょーが(ノ)・ω・(ヾ)
  1. 2011/08/12(Fri) 01:41:41 |
  2. URL |
  3. しすれ #ZK1Wrs3o
  4. [ 編集 ]

すごいことだよね〜
毎日戦争をしてる国、貧困にあえぐ国もあれば、
急成長してる国や幸福度で1位になる国も・・・
状況にはものすごい格差があるのに!
何世紀も前のひとの言っていることがこんなに分かりやすく感じたのは、アキアヴェッリが初めてでした(*´艸`*)
  1. 2011/08/15(Mon) 13:43:35 |
  2. URL |
  3. もち苺 #CBGiEf.2
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mochichigo006.blog.fc2.com/tb.php/243-a62c5c8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。