もち苺枕草子





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

あほだ!w :: 2011/04/03(Sun)

↓前置き

仕事が一時中断したお陰で、
今日は一日を使って部屋の整理や、
進めないといけないと思っててやってなかった雑務ができます(*´U`*)!

さて。
バイトが恐らく明日で一区切りになるので、
バイト先のひとがカラオケにいこうと誘ってくれました
めんど……とも思いましたが、
話を聞いていたらどうやらバイト先の人皆、とかじゃなくて
仲のいい数人という話なのでそれなら、と行くことにしましたw
(いつも面倒面倒思うけど、
こういうとこも少しアクティブにならないといけないんだろうなぁ…)

でも歌う曲があまりないので、
数曲ちゃんと聞いておこうとおもって
朝から色々エンドレスで流し聞きしながら、


↓本題
ニコニコ動画のニュース欄を見ていたら、
あほらしくて普段ならスルーするのに、
あまりにあほらしすぎて読んでしまった記事がありますw
ちょっと、、いや結構、下品なので苦手なひとは注意…w


http://www.men-joy.jp/archives/6130

見れば分かりますが、、
個人的には恐ろしくくだらなくて笑えましたが、
きっとこれも何かの研究に役立っているんだろうと(いうことにしておこう)

(サイトより一部抜粋)
■オーガズム前
ベッドの上で抱き合う:18kcal
スグに勃起させる:36kcal
ベッド以外のところで勃起させる:816kcal

あほでしょう、どう考えてもw
なんでそんな何十倍にも膨れ上がるのさwww


これを一通り読んだ後、
「だからなんだっていうんだ」っていう根本的な疑問に立ち返りますが、
下段のまとめのところにも書いてありますが、
心理的なものの影響が大きいんでしょうかw

そもそも性行為そのものは子孫を残すための行為で、
でもヒトはそれで遊んじゃってるのが現状だと思います

遊びだとしたら、やっぱり楽しいか楽しくないかが大きい
ROHANだって遊びだし、その他もろもろ個人の趣味だって
楽しいというのが大体において大前提としてあるはず。
楽しくなかったらしないよね

楽しい=快感て簡単に置き換えると、
楽しかったら気持ちも高ぶるわけで。

スポーツの試合前のドキドキとか、
もう遥か昔の話になりますが、
初めてのタウンはほんとにドキドキしたし、
そういう楽しい気持ち、ドキドキする気持ちが
身体に出る(手先が冷える、武者震い、トイレ行きたくなる!など?w)
ってだけの事なのかもしれないかもしれない?

ただの遊びだからこそ、好みがあって好き嫌いがある
(まあなんでもそうだけど)
人気の遊びだから色んな研究がされたりw
色んな遊び方が生まれてきてるんじゃないでしょうかww

遊びといえるのは、子供を作るために必要な行為以外のこと全てで、
ぶっちゃけ女のヒトが痛がろうが、泣こうが、
1+1で2になるように子供はできると思います
(精神的なダメージがどこまで身体に出るかはわからない!)

とはいっても、、
多分私が男であっても、
好きな人が痛がってるのに無理矢理はしたくないし
その辺考えるとむちゃくちゃになっちゃうんですけどね。

私は今まで性行為を遊びという風に考えたことは一度もなくて、
勿論映画とかドラマとか本とか・・・
そういうのでそういう考え方があるのは分かってたけど、
自分を納得させられませんでした

保健体育の先生が、愛の確認とか言ってましたが
そういうこと教えるのってちょっとどうなのかな、って今更…

なんかこの記事読んで、
あほすぎて、遊び以外のなんでもないような気もしてきましたw
好きな人との性行為が気持ちいいのとかもすごく分かるけど
そもそも定義することが無理なものなのかな


なんにせよあほすぎる記事に感謝w
最後に書きますが、
まさかこの記事を鵜呑みしているわけではないですよww
ちょっと突っついて遊んでみたかったんです…
笑いの瞬発力には長けていると思うw
スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<「おいで」 | top | Hello,This is Mochiichigo>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mochichigo006.blog.fc2.com/tb.php/143-1eb761cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。