もち苺枕草子





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

孫子の兵法 マキャヴェッリの戦略論 :: 2010/12/01(Wed)

今日もいい朝だ
最近は冬の冷たい空気が朝とても気持ちよくって
寝起きもなんだかすっきりしていることが多いです(*´U`*)

朝おきて一番にやることは窓を開けてベランダに出て、
とりあえず空を見るという変な癖のある私ですが、
今朝はベランダに出たら下から誰かの声がするので見てみたら

もち苺(父):この本、もういいかな?
もち苺(母):えっ、捨てちゃうの?
もち苺(父):あっても読まないしねー 
       捨てるのあったら一緒に捨てるから出しておいて
もち苺(母):じゃあ今日ちょっと整理してみるわー
もち苺(私):ちょっとまったああああ

というところからスタートしました。
ダッシュで下に下りて庭に出て、紐でくくられた本を見ていくと
面白そうなものもいくつか混ざっていて、結局数冊部屋に持って帰ってきましたw

その中のひとつがこれ
Machiavelli.jpg

マキアヴェッリ語録 塩野七生(しおのななみ)

これはNiccolò Machiavelli(ニッコロ・マキャヴェッリ)という
イタリアの政治思想家が書いた著書を
(戦略論・君主論・政略論・フィレンツェ史などで
 国家の君主はどうあるべきかということや、
 戦いの時状況に応じてどうするべきかといったことを書いたもの)
塩野七生というひとが各著書から言葉を抜粋しまとめた語録です

マキャヴェッリが説いているのは国家の話ではありますが、
会社のリーダーやグループのまとめ役などにも通ずるもの沢山あります
250ページほどの読みやすい語録なのでさらっと読んでいくことができると思うので
もし機会があれば何かのリーダーや長、君主になりたいひとにオススメです
意外とGやGマスという存在も近い感覚でいけるんじゃ…
と思う私はただのゲーム中毒者だろうか


今書いていてふと、以前、GLADIATORさんのGブログで拝見した
孫子の兵法からROHANタウンやPTを説く!という面白い記事を思い出しました

孫子が出来る前の中国(その頃は中国という名前ではなかったとかはさておき)
でも、マキアヴェッリが戦略論を説く前のイタリアでも
勝敗というのは「運」の要素が強いとされていました
要するに運のいい方がかつってやつです

ところがこの2冊を見てみると、
バッサリと「運で全部決まるとかないからw」と書かれています
というと言いすぎかもしれませんが、運で勝敗が左右されるばかりでなく、
必ず勝因・敗因がある!というところから始まったのです

運というのはいわゆる天運で、
極端な話、お祈りして気持ちが強い方に勝利の女神サマが微笑むという感覚です
宗教くさっと思うかもしれませんが、当時も宗教の力や教えはほんとうに強い!
これについては嫌というほど想像できる本がごまんとありますので、そちらをどうぞw

そこで宗教の教えも受けつつも、運じゃないんだぜ!っていうのと説いたのは
凄いことだなーと思うのです

なんかすごい本過ぎて書いててわけわかんなくなったw




文中、マキャヴェッリといったり、アキャヴェッリといったり、
マキアベリといったりしているかもしれませんが、全部同じひとのことです。
探すのめんどいのでもう放置することにしましたw
スポンサーサイト


  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
<<どん亭 | top | 漢検準1級!>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/12/02(Thu) 15:16:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/12/03(Fri) 20:23:19 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re

Sさん(お名前出していいのかわからなかったので
うすうすそんな感じはしてましたが、、博識ですね!
というか法律なんて自分は到底無理……尊敬しますw
今の状態に通ずるものがあるというのは全く同意ですw
規模は違えど、やはり共通する根本にあるようなものは一緒ですよね
今までこういった本は、強い興味を持って読んでいたわけではなかったんですが、
なんだか少し興味が沸いてきました(*´艸`*)
温故知新、個人的にこの言葉は最強の四文字熟語だと思いますw
リデルハート戦略論 間接的アプローチというのは初めて知りました
今度古本屋(近所のはぼろい古本屋にあるかわかりませんが……)TSUTAYA漁ってみますw
シュレディンガーの猫はとても興味深いです
自分も学生時代、布団にはいっては毎晩云々唸った過去が……w
ゲームでもこちらでも、これからもどうぞよろしくです(*´U`*)
>Mさん(お名前出していいのか分からなかったので、、
難しい本と思われるかもしれませんが、
中身はとても分かりやすく言ってしまえば単純でもありましたよw
もしご興味があれば是非!
リンクありがとうございます><
こちらからも張らせていただきますね(*´U`*)
全く……ドライフラワーだなんて失礼な!
可愛い宮崎弁、また聞かせてほしいっちゃね!(何か違う……
  1. 2010/12/04(Sat) 00:45:19 |
  2. URL |
  3. もち苺 #CBGiEf.2
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mochichigo006.blog.fc2.com/tb.php/13-c0dcfb94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。