もち苺枕草子





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

□朝は小鳥が運んでくる :: 2012/04/29(Sun)



>>続きを読む

スポンサーサイト
  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

火葬 :: 2012/04/28(Sat)

火葬が迫ってくると、一体いつがほんとの別れなのかわからなくなってしまいます。
心臓が止まり死亡確認された瞬間なのか、身体がこの世から消える火葬の時なのか。
一連を味わって、すべては生きている人間のエゴなんだと思いました。
悪いとかではなくて、そうするしかないからそうしているだけで、している本人もそうするしか、そう思うしかないと思いながら自分に言い聞かせて生きていくんだなと。

だって、天国へ行ったり、生まれかわって来たり、誰かの元にいくなんてことはないと思うから。
証明することはできないし、だから私は信じられない。
すごく信じたいけど。


おとうさんはしんだ
どこにもいかないし、もうどこにもいない
もう会うこともできない

でも、誰かの記憶に残るとか、誰かに影響を与えたもというのは、永遠ではなくても確たる証拠じゃないかな。
自分自身で証明できるし。

神も仏もいない、でもひとはいる。





  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

■付きタイトルが間に合った :: 2012/04/24(Tue)

何よりも有難う。
私は幸せ者です。

午前1時、父がなくなりました。
56歳。誕生日まであと2日。
退院まであと1日でした。
深夜血を吐いて、うちに電話がきた時にはもう意識がなく、その後すぐ亡くなったみたいです。
痛みを感じないくらいの突然だったらしく、皆で送れなかったのは悲しいけど、苦しみが少なかったならせめてよかった。

この日の朝はとても綺麗に晴れていて、快晴です。
綺麗な朝日と一緒に、母と弟と私と父は家に戻ってきました。

有難う。大好き。
でも今は、何も信じてないはずのお父さんが線香くさいのが悲しい。


有難う。
大好き

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

CDECDEGEDCDED :: 2012/04/19(Thu)

天気が良くなった数日前からチューリップが一気に咲き始めました!
とうとう咲いたか!という感じですね。わが子の成長を喜ぶ母の心境とまではいきませんが感動します

うpした少し前のやつ↓

041902.jpg

虫も増えてきた小春日和の今日↓
041904.jpg
がんばって大きくなったんでしょうが、葉が大きくなりすぎw
いつか…っていうか近いうちにこっちも咲いてくれるといいです(*´艸`*)
ただ、少し前にとった写真の一番左のチューリップは、最初小さかったのに一気に大きくなってもう花が咲いてます!

041903.jpg

にんげんの成長は早いようで遅く、遅いようで早い気がします。
ゲーテの名言のひとつの「花を与えるのは自然であり、それを編んで花輪にするのが芸術である」というのがあります。
たいしたものだ、毎年花が咲くなんて!なんて上から目線で言えるものじゃないのかもしれませんね


それから門側にも赤黄色と咲いてるチューリップも撮ろうと思ったんですが…。
Click Please↓
041901.jpg

奥の左にチューリップが見えますかw
ほんとは近くにいって撮りたかったんですが、諸事情により撮れませんでした。
(ヒントはブログ途中まで縦読み)

最後に、昨日仕事終わりに空を見たらめっちゃ青くて綺麗な場所があって、
どこまでいったらあれが綺麗にとれるかと歩きました、えぇ。
普段私ではあんまり考えられないような田舎道を歩きましたw

041905.jpg

そして撮れたのがこれ!クリックで大きく見れますので、ぜひ大きくしてみてください!
一切の加工なしでこの色ってすごくないですか!

今日はゆっくり、、とは違いますが仕事が休みなので気が楽ですw
お見舞いの時間より少し早くでて、スタバにでもいこうかな!

スタバといえば、先日長いレシートっていうのが出てきました(*´艸`*)
どうやら1/50~60くらいの確率で入ってるみたいなですが、これが出るとドリンクフリー(サイズも自由!)だとか!

フラペチーノとかもいいのかなー(*´U`*)!



  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

■北風が止んだ :: 2012/04/18(Wed)

私は幸せ者だ
24年も父に愛し続けてもらって、いろんな話、場所、物をもらった

ほんとに幸せ者で恵まれてる
願わくば、この幸せが一日でも長く続きますように
父に愛してもらえる時が一時間でも長くありますように

死んだ後どこにいくとか、どうなるとか、まだ答えが出ません
どれも納得いかないし

父の死に方はふたつらしい。
ひとつは転移した癌によって、肺動脈をやられて大量の血を吐いて死ぬ
もうひとつは、食道癌が大きくなりすぎたせいで呼吸ができなくなって死ぬ

悲しいけど、どちらの場合でも私は仕事場にいたら間に合わないかもしれない。否、間に合ったら奇跡だ。
死に方は両方とも苦しむ可能性がかなり高い。
血を吐く場合はもうお手上げらしい。
呼吸の場合はもしかしたら救急で助かるかもしれない。

母はそんな父を見てられないと言った。
でもそれは違う。私たちが目を背けたら、父はまさに死ぬほど辛いその瞬間ひとりになっちゃう


教会も何度か通って見たけど、やっぱり神も仏もくそくらえだ。

父が苦しみながら死ぬ、これは近いうちに(先生がいうには一週間)起こることなんだろうけど、現実ってのは、今起こってるから現実なわけで、これからくる現実なんて言葉は少し変な感じがする。

裏切られる可能性が高すぎるけど、それでも信じます。
父がなんだかんだと一週間後も生きてる事を



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

■須く :: 2012/04/06(Fri)

 

>>続きを読む

  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

俺は鳥刺し :: 2012/04/05(Thu)

3月に新国立劇場でドン・ジョヴァンニをやるらしいんですが、タイミングがちょっと悪くて行くのは難しそうです(*ノω・`)
でも、また機会もあるでしょう!

ドン・ジョヴァンニもモーツァルトですが、モーツァルトのオペラの中でも一番好きなのが魔笛です。
前にも書いたような気がしますが、夜の女王のアリアはまさに観衆も歌手もオケも一体になって一番盛り上がるアリアだと思うし、他にもモーツァルトらしいアリアがいくつもあります。

俺は鳥刺しというタイトルで、パパゲーノという鳥使い?みたいな男のアリア。



私は最近知ったんですが、このアリアは当時流行ったメロディから来ているとか。
軽快で、でも歌詞は奥が深い。
動画は英語字幕でしか載ってないですが、

《訳》
おれは鳥刺しだ
いつも陽気で ハイザ ホプササ!
鳥刺しならおれのこと
老いも若きも 国中じゅう誰もが知っている
鳥のおびきよせ方も知ってるし 5本の笛で有名だ
いつも楽しく 陽気に暮らしてる
なにしろ鳥はみんなおれのものだ

おれは鳥刺しだ
いつも陽気で ハイザ ホプササ!
鳥刺しならおれのこと
老いも若きも 国じゅう誰もが知っている
女の子を捕まえる網がほしい
仕掛けたら 1ダースほどつかまえられるかな
そいつを籠に入れたら 女の子はみんなおれのもの

もし女の子がみんなおれのものなら 砂糖どっさりととっかえて
一番可愛い女の子には 砂糖をくれてやる
するとその子はやさしくキスして
おれの女房になり おれは亭主になる
その子はおれのとなりで眠るだろう
おれは子守唄をうたって寝かしつけてやるんだ

http://www.geocities.jp/lune_monogatari/zauberflote.papageno.html抜粋。

というもの。

陽気暢気軽快。
初めて聞くひとでもなんだか楽しい気持ちできけるんじゃないでしょうか(*´艸`*)
モーツァルトは敷居が高くないのがいいですよね。
とても洗練されている感じがあるのに、聞きやすくて。
素人ながらにやっぱり他の音楽とは違うなと思います。

こういうのがもっと分かるようになったら楽しいだろうなー



  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

新しいことだけじゃなくて :: 2012/04/05(Thu)

職場でピアノの話になり、ラ・カンパネラを弾きたいからピアノを習う!と上司。
私は履歴書でピアノの資格についても書いてたので、これって難しい?という話に発展しました。

当然、今はもう弾けません。ていうか恐れ多くて弾こうとも思えないw
指が動かないのは120%確定だし、楽譜を読もうとしてももう目がついていけない…。
それに当時もそんなちゃんと弾きこなせたわけじゃないし、
難しい?簡単?という質問は私みたいな中途半端者には凄く難しい質問でした。

そもそも弾きこなすなんてのはプロのピアニストにできることであって、
ちょっと齧った程度ではそうそう出来ないワケですよね。
しかもラ・カンパネラw
ある程度曲っぽくなって、ある程度自分が気持ちよくなる程度だったら、努力でできるんでしょうけど、それをあっさり簡単ということもできないし、とっさに返答に困ってしまいましたw
上司的にはまあ適度に弾ければ気持ちよさそうーって感じなんでしょうけど(*´艸`*)
結局、上司は空いた時間がで頑張って挑戦してみることになりました!

全く触ったことない人だと難しいでしょうが、5,6年やってたみたいなのできっとなんとかなる!のノリで決定w
何にせよ、ひとつ自分の大好きな曲が弾けるっていうのは本当に大きな喜びだと思います。
私も他の曲はもうほとんど全滅でしょうが、アラベスク第一番だけはまだ弾ける……といいなww


少しそれますが、履歴書の資格欄はいつもなんだか嘘をついているような気持ちになります
今回のピアノもそうですが今はもう全然弾けないのに、一応先生になれますよ的なラインの資格があったり、足も肩も上がらないし、体力もないのに空手やら合気道やらのこと書いたり、もう完全に頭からふっとんでる英検やらTOEIC書いたり…。
書道?茶道?華道?そんなのもうなんも覚えてないわwww

これ完全詐欺扱いじゃね?ってレベルのものの多いこと多いこと。
いかに身についてないかってことですよね。

これは笑い話ですが、
実は将棋初段(多分初段w多分ね!)を持ってます。
なんか問題解いてそれでおk的な感じの温いやつだったと記憶してます。
勿論はるか彼方昔に取ったものだし、当たり前ですが履歴書に書いたことなんて1度だってありません。
でも仮にも初段。
響きだけ聞くと、まあ普通くらいには打てんじゃないのって感じですが、
戦法なんてもう名前の響きのみしか分からないし、銀の動きも自信ない……。
もっぱら強いのは将棋崩し(将棋の箱に駒をつめて盤上にひっくり返して山を作って、その山が崩れないように将棋を抜いていくジェンガーみたいな遊び)だったしw

普段使ってない、資格の意味のなさが虚しい。
新しいことに挑戦するのも大切かもしれないけど、過去にとったハズの資格をちゃんと自分のものにするための努力も大切なのかも。



  1. 枕草子
  2. | trackback:1
  3. | comment:2

例えば7,200/2,500,000,000で :: 2012/04/05(Thu)

いつもより3時間くらい早く起きてしまいました(*´艸`*)
まだ日が昇ってなかったものの、折角の休みなのでもっとゆっくり寝てようとベッドの中でゴロゴロしてたんですが、40分くらい経ってふとあることを思い立って起きることにしました!

それがこれ!

いつも起きる時間だと花びらが随分開いているんですが、それでも以前お昼過ぎに写真を撮ったときと全然開き方が違ってたので、どんどん開いていくところを見てみたいなーと思ってたんです。

040501.jpg

6時ちょい前くらいに写メった時はこんな状態。
日もまだ昇り始めたくらいでこれを書いてる6時現在、やっとゆっくりオレンジ色が見えるようになってきました。

040502.jpg

↑この花も私が見る度にほとんど花が咲いてなくって、あまり大きく花が開かないタイプなのかと思ってたら、朝この時間ならこんなに大きく開いてたっぽい!

040504.jpg

椿も、2、3日前まではほとんど花開いてなかったのに今朝見てみたら随分花がついてました。
先日の大嵐で近所のボタンや椿はかなりやられちゃってたのに、うちのは遅いタイミングで助かったの…かな?w

椿って去年もこんなこと書いた気がしますが、冬のイメージでしたが、近所の椿も冬っていうか春先に一斉に開花した感じ…。
あれ、なんか変だなーと思ってたら、そういや俳句なんかでは椿は春の季語!
ちゃんと調べてみたら椿は冬~春っていう部類なんですね(*´□`)
雪の上の椿、的なイメージが物凄く強くて思い込んでましたが、実際には冬の季語で使われるサザンカが冬部類で、椿はどっちかっていうと春よりなんだそうです
(言われてみれば確かに、うちのサザンカはもうほとんど花が枯れ落ちちゃってた)

の一方で
040503.jpg

鉢植えのアジサイが随分元気になってきてました。
梅雨はもう少し先ですが、確かこの鉢植えのアジサイは白いやつだったような?
青紫色の鉢植えじゃない方はまだここまでじゃないんですが、アジサイは綺麗だし楽しみです(*´U`*)

人生25億秒。そのうちのたった7200秒の早起きで楽しかった!

にしても、温かくなってきたとは言え朝方は結構寒いんですねw
吐く息が真っ白だったのにびっくり。




  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

siri :: 2012/04/03(Tue)

最近、何かとsiriで文を作ることが多いです。
こんなハンズフリーなんて絶対使わないと思ってたのに、思っていたよりも精度が高くてびっくりです。
例えば、!これも「ビックリマーク」っていうとしりが反応して「!」を打ってくれます!
問題は全角と半角の区別があんまりうまくできないことかな。
後は顔文字とか絵文字とかそういうのはなかなか判断してくれないみたい。
でもこれの精度がドンドンドンドン優れていったら、ほとんど字を打たないでも文書が作れるようになるんじゃないかな。

昨日プロフェッショナルとか言う番組でAppleのSteve Jobsのことやってた。
彼のこだわりというのが物事の本質にあると言う、そんな番組でした。
といってもいろんな有名人を紹介していたのでstevejobsがでてたのはほんの10分ぐらいとかかな

ボタンを一個にするこだわり、これは確かに一見不便でstevejobsの、なんか自分勝手なこだわりに聞こえる
でもそうじゃないって話。stevejobsのこだわりはスマートフォンはどういうものか、タッチパネルとはどういうものかを追求して結局ボタンを一つにしてそしてそれをずっとこだわり続ける
そ追求の姿勢はどこか日本人の職人に通じるものがあるみたい。
日本に限らずだろうけど職人、はやっぱりどこかすごくマニアックなこだわりを持ってる。
今日本が低迷してしまっているのはそういうこだわりを持った職人がどんどん減ってしまっているからだと言う。

まるまる納得するとはいかなかったけど何となく言わんとしていることわかりました。
このsiriの機能も職人のこだわりが詰まってるのかもしれない

と、siriでブログを書くと、やたらと硬く感じてしまいます
もっと普段文章を書く時みたいに自分がしゃべればいいだけどそれはなかなか難しいです
何より一人でぶつぶつ言ってるこの姿勢は難しいし恥ずかしい。
日本人はきっとこういう性格じゃないから実際にsiriがみんなに使われるようになるのずっとずっと先かもしれない。

でも意外と楽しいと感じることも多いしiPhone持ってる人はぜひ試してみては!

  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

NO :: 2012/04/03(Tue)

父さんが死ぬのが悲しいのはわかる。
私だって悲しい。
気を緩めたら今だって涙が止まらなくなる。

でもその人に隠れてあーだこーだというのは私は嫌だ。
私が父さんだったらすごくやだ。
それに隠れて言おうとしてる事はきっと父さんにも分かってる。

一番苦しいのは、哀れまれて、悲しがられて、影でこそこそ、自分には何も言わず気を使われる事だと思う。
死ぬのは当たり前なのに。

でも、父さん死なないで、どこにもいかないでと泣くのがいいとも思えないし、やっぱり私は父さんが恥じないような娘でいられるようにしたいとおもうばっかり。

父さんは今何を考えてるんだろ。
私はちゃんと父さんと母さんからもらった命でもって幸せになるように頑張るって決めた。

すごく近いひとに死が迫ってるのにまたよくわからなくなっちゃった。
父さん、やっぱ皆人間なんだね。

母さんは相変わらず諦めてるけど、私はやっぱり最後まで元気になるかもしれない可能性を諦めないよ。綺麗事でもなんでも、諦められた本人の気持ちを考えたら、期待して裏切られるのが嫌だからなんて言ってられない。
期待してダメでダメージを受けても、そんなのうけてたってやる


傷つくのがやだから、逃げるなんて。
今大切なのは父さんの気持ち。
ずっと私の気持ちを大切にしてくれた父さんの気持ち。
もう死ぬかもしれないと毎日思われてたら死にたくなるわ。


ただ吐きだしたかった。
父さん。父さん。
私は幸せだよ。






  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

秋保温泉 :: 2012/04/02(Mon)

去る3/18あたりに友達と秋保温泉に行ったんですが、
ブログを書くのはこんなに遅くなってしまいました。
なぜか。
2回も記事が消えたら書く気なくしますよね ええ
そんな不運にも負けず3回目を書いてるわけでございます。
自動保存機能があったと思うんだけど、どこいったんだろう…。

というわけで行ってきました、秋保温泉!

032603.jpg

ちょっと曇りでしたが、空気は完全に山の空気でした。
スギの木が沢山見えた気もしたけど気にしない…。

肝心の温泉ですが、どうやら2種類あって男女入れ替え制とのこと。
運悪く広い方が当たらず、狭い方に当たっちゃったっぽい。
実際見てないからわかりませんが、温泉の写真に載ってるのに入れなかった!!w

女湯にあったのが、ちょっと黄色っぽい感じの湯と、半透明くらいの湯の2種類。
どっちもちょっとぬるっとした感じで、しょっぱいw

友達と一緒に浸かったときも話したんですが、
温泉の湯底の深さって何を基準に作られてるんでしょうね。

お尻をつけたら顔が埋まるし、屈んでもちょっとあっぷあっぷ状態。
思い切って膝で立つと上半身が出すぎて寒い…。
結局ベストな位置は屈んだ姿勢から数センチ腰を上げるという辛い姿勢なわけです。

何か理由があってああいう深さなんでしょうけど、いい具合に浸かる方法とかあるのかな。
ゆっくり浸かりながら話したいのに、
なんか温泉の水位が気になってころころ姿勢を変えるという、
終始落ち着きない感じでしたw

でも1時間くらいかな?ずっと話をしててあれやこれやと楽しかったw
やっぱゆっくり話す時間があるっていうのは良いです(*´艸`*)
時間を気にしないでしゃべれたり、ちょっと処変わると気分も変わって、
普段言いにくいことが言えたり、言わなかったことがいえたり。

なかなか二人で話す時間てとれないけど、
またゆっくり話せる時間がとれたらいいなー(*´U`*)

ちなみにホテルは鑓水みたいなのがあって
032601.jpg
コイがわんさか。
金色?っぽいのもいて子供がずいぶんはしゃいでましたw

こういう日本ちっくなのもあるのに、ちょっと視線をはずすと

032602.jpg

天井とか

032606.jpg

オブジェとか。
あちこちつくりも、どこか中華風が混ざる不思議な感じでしたw
特にこの天井、、なんだっけ、こういう鳥の書き方をしてた画家がいたよね・・・誰だっけw

何はともあれ凄く楽しい2泊3日でした!
まったりゆっくり出来てよかった(*´艸`*)

今度は草津の方にもいってみたい!


  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

引っ越したので遠慮なく溜まってたのを書こうと思うのです :: 2012/04/01(Sun)

春ですね。花粉ですね。
最近またうちの庭の花をちゃんと見るってことをしてなかったんですが、ふと見てみたら気温のお陰で、色んな花が咲き始めてました。
毎年咲いてたんだと思うとなんともいえないものがありますね(*´U`*)!

040101.jpg

スイセンもよーく見ると、中心の黄色が大きなもの小さなもの、全体が真黄色のもの、花びらの数が5枚しかないものや、↑みたいにいっぱいあるもの色々あるんですねー当たり前ですがw
人のイメージって一番身近なものと=になるから、色んなことを知ってるとやっぱりそれだけ想像の幅も広がるんでしょうねー。
私もスイセンのイメージってずっと前から庭に咲いてるこのタイプがぱっと出てくるし!
色んなタイプがあることを知っててもスイセンといわれて、
パッと浮かぶ一番最初のイメージが自分の持つイメージだと思うので、
その最初のとこでパッと複数が出てくるようになったらまた違うんじゃないかなぁ

040104.jpg 040102.jpg

2月3月はあまり元気のなかったキンギョソウも復活してきました!
花の盛り具合がすごいww こうなるとキンギョソウって名前がぴったりかも。

040105.jpg

ツツジが蕾をつけ始めてた!
こういうの毎日毎日観察してたら咲いたときは感動物なんでしょうね。
花を自分の子のように可愛がる人の気持ちも、少し分かる気がします。

庭にツツジが植わってる一角があって、
そこのツツジは私が幼稚園の頃から1本も減ってないらしいです(おばあちゃん談)
この土地を私が継ぐのは少し先かもしれませんが、もし自分が継いだ時には大切にしていきたいな

040107.jpg

040103.jpg

赤いやつはなんか汚いけど綺麗な不思議な花・・・。
名前はわからないけど、ネメシアちっく。


数年前までは土地やら花やら季節やら、ここまで感傷的に見てなかったのに…w

Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.


  1. 枕草子
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。